}table.orange{border-collapse:collapse;width:98%;margin-left:auto;margin-right:auto}table.orange thead tr{background:#f60;color:#fff}table.orange thead tr th{border:solid 1px #eee;padding:6px}table.orange tbody tr th{background:#ffc}table.orange tbody tr th,td{padding:6px;border:solid 1px #eee}table.orange2{border-collapse:collapse;width:98%;margin-left:auto;margin-right:auto;font-size:80%}table.orange2 thead tr{background:#f60;color:#fff}table.orange2 thead tr th{border:solid 1px #eee;padding:6px}table.orange2 tbody tr th{background:#ffc}table.orange2 tbody tr th,td{padding:6px;border:solid 1px #eee}.list_a{  list-style-image:none !important}.list_b{  list-style-image:none !important;list-style:none !important}.process{  list-style-image:none !important;list-style:decimal-leading-zero !important;list-style-position:inside !important}

【初心者・入門者向け】初めてのクラリネットの選び方

2015年10月17日

クラリネットと楽譜

入門用クラリネット、初めの一本の選び方!

クラリネットといってもいろいろあって、特にこれから始める入門者の方には「 何がいいのかわからない 」と、なる方多いかと思います。

今回は、これからクラリネットを始める方向けに入門用一本目の選び方を解説します。

クラリネットの音域に注意!

いろいろな音域クラリネットのサイズ

代表的なクラリネットの音域のサイズ管(※大体です)

クラリネットの選び方で最も大事なのは音域です。

音域の違いでクラリネットとしての用途が全然変わってしまうので注意しましょう。

これからクラリネットを始める入門者・初心者の皆さん、最初の一本目は必ずB♭クラリネットを選びましょう。(画像2番目)

読み方は「 ベークラ 」。B♭のドイツ読みベーとクラリネットを略した読み方です。「 ビーフラットクラリネット 」とはあまり言いません。

多くあるクラリネットの中でも最も一般的なのがB♭クラリネットです。なにも言わずにクラリネットといった場合、B♭クラリネットを指します。

ソロのみならずオーケストラや吹奏楽などのアンサンブル(合奏)でも幅広く使われています。

他にも一回り大きいA管のクラリネットや、反対に一回り小さいE♭クラリネット(通称エスクラ)やらアルトクラリネット、バスクラリネットなどがあります。

が、これらはあまり一般的ではないので、入門用には全く向きません。車でいうならベークラが普通車で、ほかのクラリネットはバギーだったり大型バスだったり似ているようで全然違うものです。

特にA管のクラリネットはB♭クラリネットに比べ管体が少し大きいだけで形はほぼ同じなため、注意が必要です。

ベーム式?ドイツ管?

音域とは別にもう注意したいのがドイツ管の存在。

ドイツ管は現在ドイツを中心に使われている伝統的な方式のクラリネットですが、ただ世界的にはあまり一般的ではなく、マウスピースやリードなど周辺機器も専用のものが必要になります。

現代で一般的に使われているのはベーム式とも呼ばれるいわゆるフランス管のクラリネット。

入門用の一本目としてはドイツ管と呼ばれるエーラー式やドイツベーム式は避け、フランス管・ベーム式の物を選びましょう。

素材の選び方:木製かプラ管か

クラリネットの管体はグラナディラなどの木材で造られる木製のものが一般的。ですが、中には樹脂を使用したプラスティックのクラリネットも存在しています。

管体がプラスティックでできているため、プラ管と呼ばれます。

木製の方が音の響きがよく高級品とされており、木製の方が一般的によく使われています。

しかし、プラ管には

  • プラ管のクラリネットは木製と違い温度や湿度の環境変化に強く、扱いやすい。
  • 木製価格が安価で手に入れやすい。

などのメリットがあります。

クラリネットなど木製の管楽器において木部の割れは特に深刻な問題で、しかも大抵のメーカーでは木部の割れに関しては品質保証がありません。

奏者がまだ子供で使い方が荒い場合や頻繁に外で演奏する用途では木部が割れてしまう心配があるので、プラ管のものを使うと良いでしょう。

代表的なのがYAMAHAのYCL-255です。

  • 価格   ¥ 68,500
  • メーカーヤマハ(Yamaha)
  • 販売者 株式会社ピアノプラザ

特に甲子園の応援風景なんかで結構見かけますね。プラ管。木製クラリネットと違い、炎天下でつかっても安心なので。

木製クラリネットは?

反対に、木製クラリネットにはプラ管のクラリネットよりも音質がよく、キレイに響くメリットがあります。

たとえばYAMAHAの入門用で最も安価な木製B♭クラリネットのYCL-450でもYCL-255とは明らかに音の響きが違ってきます。

ただ若干高くなる点と扱いづらい点などがありますので、その辺りは予算や実際に吹く方がどこまでちゃんと管理できるかなどを考えてバランスをとるのが良いでしょう。

価格的にはYCL-450で大体10万円~11万円前後となります。

  • 価格   ¥ 110,676
  • メーカーヤマハ(Yamaha)
  • 販売者 大須楽器

もちろんもっと安いモデルもありますが、率直なところ最低でも先述のプラ管モデルYCL-255か、YCL-450を選ぶことをオススメします。

そこは世界のYAMAHA、クラリネットとしてはかなり価格をおさえながらも機能面や音質面はかなりハイクオリティに仕上がっており、コストパフォーマンスは抜群です。

初めてクラリネットを買うのにこれほど最適な楽器はない、と言い切っても良いくらいです。

(もちろん、その後のグレードアップ機種も素晴らしい)

まとめ:初心者・入門者のクラリネットの選び方

  • 初心者はまず、すべての基本・基礎となるB♭クラリネットを選ぶ!
  • 扱いやすいプラ管か木製か、その特徴をよく知った上で選ぶ!

入門用としてはB♭クラリネットであれば、木製でもプラ管でも構いません。

木製の方が本格的ですし、音もいいことはいいのですが、やはり割れを気にせずに使える扱いやすさはプラ管の大きなアドバンテージ。

特に直射日光が当たったり冬など乾燥する寒い環境で吹く場合や、物の扱い方が雑で心配な場合は、プラ管の方が安心です。

予算や使い方、今後の買い替えなどについてよく考えて選ぶと良いでしょう。