}table.orange{border-collapse:collapse;width:98%;margin-left:auto;margin-right:auto}table.orange thead tr{background:#f60;color:#fff}table.orange thead tr th{border:solid 1px #eee;padding:6px}table.orange tbody tr th{background:#ffc}table.orange tbody tr th,td{padding:6px;border:solid 1px #eee}table.orange2{border-collapse:collapse;width:98%;margin-left:auto;margin-right:auto;font-size:80%}table.orange2 thead tr{background:#f60;color:#fff}table.orange2 thead tr th{border:solid 1px #eee;padding:6px}table.orange2 tbody tr th{background:#ffc}table.orange2 tbody tr th,td{padding:6px;border:solid 1px #eee}.list_a{  list-style-image:none !important}.list_b{  list-style-image:none !important;list-style:none !important}.process{  list-style-image:none !important;list-style:decimal-leading-zero !important;list-style-position:inside !important}

初めての歪みエフェクター、ディストーションかオーバードライブで迷うならコレがオススメ!

はじめての歪みエフェクターの選び方

エレキギターを初めてある程度弾けるようになってくると、エフェクターを使ってみたくなりますよね。

エレキギター初めてのエフェクターとしては、クセが少なくいろいろな場面で使える歪みエフェクターがオススメ

っていうのが無難な答えで、大抵だれでも似たようなことを言います。

しかし歪みエフェクターと言ってもいろいろあって、最初は特にディストーションかオーバードライブかで迷う方、多いのではないでしょうか。

深め歪みのディストーションと軽めのオーバードライブ

  • ディストーション:激しいロック向きなクールで硬質なサウンドの深い歪み。
  • オーバードライブ:温かみのある歪みで、ブースターにも最適。クランチ程度の軽い歪みも。

歪みエフェクターにはディストーションとオーバードライブのほかにもファズなんかもありますが、ファズはクセがかなり限られたジャンル、サウンドのほかでは使いづらいため最初の1台目には全然オススメできません。

ディストーションはオーバードライブでは出せないような深い歪みも出せるので、よりヘヴィーなサウンドにも対応可能です。

全体的に硬質でクールな印象のサウンドになりがちな傾向があります。

反面オーバードライブはディストーションほど深い歪みには対応しにくいですが、角の取れたマイルドで温かみを感じる歪み。

クリーンを軽く持ち上げたようなクランチサウンドやメインの歪みを持ち上げるブースターとしても使える特徴があります。

ディストーションを選ぶかオーバードライブを選ぶかは最終的にはどんな音を出したいか、どんなジャンルの音楽をやりたいかによります。

といってもそこがまだ定まっていなかったり、両方欲しいけどどっちを先に買うか、っていう話の方が多いでしょう。

そんな方に最適な、コンパクトエフェクターでありながらディストーションもオーバードライブも一台にまとめた欲張りアイテムがあります。

ディストーションとオーバードライブで迷う人にはこれ!BOSS OS-2

ディストーションとオーバードライブの2 in1ペダル OS-2。

それがこちら、BOSSのOS-2 OverDrive / Distortion

その名の通り、ディストーションとオーバードライブを一台にまとめた歪みペダルです。

両方の音を出せるので、ディストーションかオーバードライブかで迷っていらっしゃる方にはまさにピッタリ。

BOSSの歪みはディストーションもオーバードライブも日本のみならず世界の名だたる多くのミュージシャンに愛用されてきており、もはや「 歪みの歴史 」と呼んでもいいほどの実績があります。

クセもなく、エレキギター、エフェクター初心者にも扱いやすい歪みペダル

しかもディストーションとオーバードライブを好きな割合でミックスさせることもでき、音作りの幅もかなり広い。

エレキギターやバンドをやっているうちに音楽の好みが変わるのはよくある話ですが、好きなジャンルが大きく変わって出番なし、なんてことも防げる良ペダル。

これ一台でかなり広い範囲の歪みサウンドをカバー可能なので、はじめての1台目にはまさに打ってつけです。

  • 価格   ¥ 9,720
  • メーカーBOSS
  • 販売者 マークスミュージック

しかもお値段はちゃんとBOSSのコンパクトエフェクター1台分。

安物ではないけれど高すぎない。ほかにも買い揃えないといけないものの多いエレキギター初心者にはうれしいお手頃価格です。

王道Marshallサウンドとベストセラーオーバードライブが一台に

ディストーションとオーバードライブが一緒になったエフェクターは実はかなり少ない。

こうしたディストーションとオーバードライブが一緒になった一体型のコンパクトエフェクターって、ありそうであまりないんです。

一応BOSSにもう一機種あって、JBS社のディストーション Angry Charliesp とBOSSのベストセラーオーバードライブ BD-2 Blues Driverがコラボして生まれたJB-2 Angry Driver

OS-2同様、ディストーションとオーバードライブそれぞれが独立した回路で組み込まれており、ミックスして使うことも可能。

さらに、Angry Charlie → BD-2 の順や BD-2 → Angry Charlieの順で直列でつないだ状態で使うことも可能で、LEVEL / TONE / DRIVEツマミもオーバードライブ側とディストーション側で独立して設定が可能です。

OS-2よりもこちらの方が良さそう……というかグレード的には断然上なのですが、なんせお値段が……

  • 価格   ¥ 21,600
  • メーカーBOSS
  • 販売者 マークスミュージック

ちょいとお高いです。

が、コラボ商品なのでいつ販売中止になるかわからないし、王道Marshall系のディストーションとBOSSのベストセラーオーバードライブペダルが一体型になった最強タッグですから、その価値はあります。

ちなみに、本家JBSのAngry Charlieは単体でも3万円くらいはする高級ディストーションで、JB-2よりも高いです。

もし手が届くようであればぜひ一度お試しいただきたい名機です。

まとめ:初めての歪みエフェクター、ディストーションかオーバードライブで迷ったら

  • ディストーション / オーバードライブで迷ったときには両方が一体になったモデルがオススメ。
  • あまり数は多くないが、BOSS OS-2やJB-2がディストーション / オーバードライブ一体型の歪みエフェクター。

もちろん、使っているうちに2 in 1のOS-2では物足りなくなってしまうこともあるかと思います。

が、それはどんな歪みペダルを使っていても大抵は一緒。

その頃には音の好みもできて明確に「 ディストーションの切れ味が必要 」「 オーバードライブのウォームなサウンドが好き 」となると思うので、そのときになった新たに買い足していけばよいかと。

古いエフェクターは売って買い替えるのもいいのですが、コンパクトエフェクターは複数つないでオリジナリティのあるサウンドを作っていけるのも大きなメリットであり、楽しみ方のひとつです。

ぜひいろいろ試してみくださいね。